善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

7月22日と23日に頂いたコメントへの返信

去年映画館で観た唯二の映画がWOWOWでやってるので(もう一つは蛮幽鬼)、録画しつつ流し見しています。
『アデル/ファラオと復活の秘薬』と言うフランス映画です。一見、女版『インデイ・ジョーンズ』風味なんですが、中身はかなり違いますw 
この映画は魑魅魍魎かってぐらいに変なじいちゃんとおっちゃんばかり出てきますが、さり気ない小道具とか衣装とかが素敵で、あとは主人公の女性が破天荒でガッツがあり諦めが悪く悪知恵が回り実は秘密が…と、かなりトンマンに通じる部分があり、そう言う意味でも面白いです(笑) あ、でもピダムはいないので、ご注意くださいw 第二弾があるなら、トンマンの恋愛相手としてピダムを望みます(ちょ)


続きから頂いたコメントへの返信です。いつも拍手をくださる皆様、ありがとうございます!明日は法事なので(なんで35度!死ぬわ!!汗)、出来れば今夜中に書けるだけ書いて、更新したいなーと思っているのですが、予定は未t(以下略)


* *


●えいこ様●
えいこ様、こんにちはーv
情報ありがとうございます!んが、その番組、私も見れませんでした…っ!慶州の世界遺産は前にテレビで見たことがありますが…見たかったです!
テレビと言えば、明後日から韓国で『ケベク』と言うドラマが始まるんですが、そこのユシンがあまりにフツーのおじさん風味でちょっとショックでした(笑)


●nana様●
nana様、お久し振りです!そして、ご心配をおかけしております(汗)、こんにちはー。
nana様、ご心労をおかけして本当にすみません…!(汗) 有り難いことに、この通り、これまでと変わらずにブログを続けさせて頂いております。我ながら、幸福者です、本当に…!
ピダムなんですが、50話までは、すっごく良かったと思うんですよ。トンマンとミシルの物語が主軸ではありましたが、ピダムやユシン達が主役を喰うぐらい濃かったからこそ、視聴率もうなぎ登りになったのでしょうし。ただ、51話からは、トンマンとピダムの物語になっているんですよねー。だから、私がナムギルさんに求めるハードルも、製作陣が求めるハードルも、51話から一気に上がっているのだと思います。また、その抜擢が想定外だったからこそ、いきなり重責を担わされるナムギルさんに対して、製作陣はかなりと言うか、もうべらぼうに気を使ってるなぁと言う気がしました…が、あんまりここら辺のことは同意して頂けませんねー(笑)
ピダム大魔王説に頷いて頂けて嬉しいです!ありがとうございますーv
チェーザレに信長…揺らぎないですね!(笑) チェーザレは宝塚のお芝居で主役になったことがあるんですが、本当に大魔王で、楽しかった記憶がありますv 京極夏彦さんの作品に出てくる名探偵、榎木津礼二郎…ほほう…未読なので、今度図書館で確かめて参りますー!
こちらこそ、いつも応援ありがとうございます。nana様からコメントを頂くと、やる気が出ます!これからも、出来る限り大魔王と、大魔王を手懐け可愛がるトンマンを書き続けますーv
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011.07.23(土) _18:40:17
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<SS 禍福(上) | BLOG TOP | リレー連載『偽りが変化(か)わるとき ~砂漠編』  by 緋翠>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。