善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

11月6日と7日に頂いたコメントへの返信

49日を二話ほどカットバンバンなフジで見ました。
感想は、これです。

ぺったんこ靴…!!

ヨウォンさんの背が高い上に、たぶん『ジヒョン』として上目遣いが必要であるがゆえに…の選択なんでしょうけれど、淋しいですねー(´Д`) 本当に、並びの良さはトン&ピに勝るものなしです。
そして、番組ラストのショートカットなヨウォンさんに萌えv


そして、『きみぺ』を軍足さんがするらしいのですが、イマイチミスキャストな気がする管理人。
軍足さんって家犬家猫より、ペットショップのアイドル犬ってイメージ…と話していたら、善徳女王の話になりまして、ちょっと妄想しました。

●もし、トンマンがそれぞれを犬として飼ったら。
・アルチョン→完璧な番犬。侵入者には噛みつく。犬同士だと喋るが、飼い主には礼儀正しい。
・ウォルヤ→ぶっかけ御飯を出されると深く傷つき、義理堅く食べるも身体を壊す。躾をされなくても十分いい子。
・チュンチュ→愛玩用として売り出されたが、その実飼い主を下僕にする腹黒犬。世話の仕方が気に入らないと、泣き真似をする。
・ピダム→首輪は喜ぶが、鎖で繋がれると鎖を引きちぎる。身体はデカイのに家犬希望。むしろ飼い主の部屋犬希望。なんでも食べ、人間用トイレを使える。
・ユシン→飼い主のすることに対して、いちいち煩い。飼い主を見張っている。実は高いペットフード以外は食べられない。
・ミシル(猫)→犬派のトンマンが初めて惹かれた気位の高い猫。ペットショップに通いつめるが振り向いてもらえず、大富豪セジョンに破格のお値段で買われてしまう。

↑の順番は、上から飼うのが楽な順ですw


続きは頂いたコメントへの返信です。トン&ピ&チュンチュに拍手をくださった皆様、ありがとうございますーv


* *


●あき様●
あき様、お返事が遅れてすみません!こんばんはーv
暑いと思っていたら、火曜日から冷えてきてビックリですね…!私は元気ですが、あき様、風邪にお気をつけてー!
そして、旦那様の退院が早くて何よりでしたv うちは昨日手術だったのですが、術後の経過待ちで(あ、本人は元気ですw)、退院がいつかはまだわからないんですよー。病院ライフを楽しみます(笑)
そして、今回のSSは、『チュンチュ視点』を心掛けてみました。女王時代、チュンチュの事情があまり描かれなくなっていたので、前から一度チュンチュ視点でドラマを考察しなければ…と思っていたんですよ。特に、トンマンに対して何を思っていたかを突き詰めたいなーと。そうしたら、女王時代、トンマンに助言するチュンチュの威圧感や、彼の宙ぶらりんさ、トンマンの結婚によりキレた理由などが見えてきまして。そもそも信頼していなかったピダムや貴族達の行動はチュンチュにとっては意外ではなかったはずですし、それより、トンマンとの公私に渡る信頼関係が破綻したことが、魔王チュンチュになった一番の理由ではないかと考えました。
トン&ピは、いつものことながら幸福感満載にはなりませんねー(笑)
お祭り気分の比才編、続きを書こうと四苦八苦です…!頑張りますー!
最後に、あき様のSS『贈り物』、トン&ピがめちゃめちゃ可愛かったですーvv「私も比才話はあんな風に書きたいー!」とドキドキしました(*´∀`)

●あお様●
あお様、こんばんはーv
嬉しいお言葉をありがとうございます!書き手としては、楽しんで頂けるのが一番有り難いですし、ドラマの世界観が大好きなので、「まだドラマが続いているような…」と言って頂けると凄く嬉しいですーvv
これからも、善徳女王の二次創作を始めた頃の気持ちを忘れずに頑張ります(*´∀`)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011.11.09(水) _18:21:12
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:6
  4. [ edit ]

<<連載 蕾の開く頃25 | BLOG TOP | SS 盗人萩・下>>

comment

こんにちわ!

  1. 2011/11/19(土) 13:20:21 
  2. URL 
  3. すー※さん 
  4. [ 編集 ] 
ご挨拶の前に、ぶはぁーーー! 皆飼うと凄いことになるなと爆笑しつつ悩んでました!

コメントはお久しぶりねな すーさんです(申し訳ないです、余りにも受けたのでのっけから砕けすぎました)

いやぁ・・・特にウォルヤが、ぷぷぷっ
大人しくブッかけご飯(白ご飯に味噌汁ですね)食べるけど、後でお腹を壊しちゃうという温室体質が・・・・・「君はユシンと一緒に飼われて高いフードをお食べなさい」とつぶやいてました(笑)

ちなみに、ウチの息子は「チュンチュ・タイプ」ですね(6歳児なので腹黒くはないですが)

すーさん様へ

  1. 2011/11/20(日) 23:19:33 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
すーさん、お久し振りですこんばんはーvv
誰かにこのネタについて突っ込んで欲しかったので、めっちゃ嬉しいですw

> 皆飼うと凄いことになるなと爆笑しつつ悩んでました!

大変ですよねー。犬を飼うのって大変なんだなと思いましたw
ウォルヤは、実は貧しい食事にも耐えられるんですが、繊細なので、無神経の極みであるぶっかけご飯に心が傷つくようです。ユシンは心は傷つきませんが、身体が対応出来ない感じなので、似てるようでいてビミョーに違うんですよww
(そう言えば、ポジョンは飼いやすそうですよねー^^)

> ちなみに、ウチの息子は「チュンチュ・タイプ」ですね(6歳児なので腹黒くはないですが)

かっ、可愛いじゃないですかぁあああああ(←落ち着けw)
……って、飼い主を下僕にする………………す、すーさんお疲れ様です…!!

ソルォン公がいないので

  1. 2011/11/25(金) 00:34:46 
  2. URL 
  3. shoko 
  4. [ 編集 ] 
ソルォン公がいないので勝手に妄想しました。


大富豪セジョン家にお輿入れしたミシル(猫)さまでしたが、奔放な性格は変えられず、豪華なお部屋からこっそり抜け出しては自由気ままなお散歩を楽しむ毎日。

そんなある日、ミシル(猫)さまは、ゴロツキ犬たちに絡まれます。

そしてそれを面白そうに眺めて、高みの見物を決め込んでいたのがこの辺のボス犬ソルォン。

ただ、その猫の美しさに、いざとなったら助けに入って自分を売り込もうとも思っておりました。

が、ゴロツキ犬どもを手玉に取り、あっさりと撃退してしまったミシル(猫)さまの手並みの見事さに、ハートを鷲づかみにされたソルォン(犬)は、その日から勝手にミシル(猫)さまのボディガード犬となることを決意するのでした。

いつしか彼女の気ままなお散歩には、そっと従うソルォン(犬)の姿が。

もちろんソルォン(犬)の姿を見ただけで、ミシル(猫)さまにちょっかいを出そうとする者などおりませぬ。

目配せひとつで、食べ物からちょっとした遊び道具・アクセサリーまで調達してしまういたれりつくせりのソルォン(犬)に、悪い気はしないミシル(猫)さま。

そのお礼に、ミシル(猫)さまがささやかな特別扱いをするだけで、天にも昇るような気持ちになるソルォン(犬)でありました。


もちろんお屋敷ではセジョンさまだけに従い、甘えるミシル(猫)さまでございましたが、まさかその地域一帯の猫のみならず犬までも心服させ従えてしまっているとは、神ならぬ身の大富豪セジョンさまは知らぬことでございます。

セジョンさまに溺愛され、ソルォン(犬)の熱い視線に飾られて、今日もミシル(猫)さまの美貌は燦然と輝き、その御威光は辺り一面を照らしているのでございました・・・。


なんちゃって。




管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/11/26(土) 12:44:13 
  2.  
  3.  
  4. [ 編集 ] 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

shoko様へ

  1. 2011/11/27(日) 16:32:26 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
shoko様、こんにちはーv

ソルォン公はトンマンと関係ないので(酷)妄想しなかったのですが、まさか、そのおかげでshoko様に書いて頂けるとは!
そして、ソルォンもミシルもセジョンも物凄く彼ららしくて、爆笑しましたー!!(笑)

特に、

> が、ゴロツキ犬どもを手玉に取り、あっさりと撃退してしまったミシル(猫)さまの手並みの見事さに、ハートを鷲づかみにされたソルォン(犬)は、その日から勝手にミシル(猫)さまのボディガード犬となることを決意するのでした。

この一文がww
「ミシル強い!さすが百済の刺客を瞬殺した猛者!」と爆笑し、そんなミシルにホールインワン(←え)なソルォンにさらに笑いました。
トン&ピも変ですが、この二人の関係もかなり変ですよねw 普通、そこはビビるだろう、と言うポイントで愛が深まっていますし…………だから、ドラマのソルォンもピダムが理解出来たんでしょうか? 女の好みのツボが変な者同士(←ちょ)

至れり尽くせりのソルォンに悪い気はしなくても、かと言って貢いだ分だけソルォンにお返しする、なんて発想はないところもさすがミシルです。ささやかな特別扱いは、きっとソルォン(犬)が尻尾を千切れんばかりに振るくらい、魅力的なんでしょうねー!
お屋敷では大富豪セジョンにごろにゃんと甘えているところも含め、「案外擬人化ならぬ擬ペット化善徳女王ってイケるんじゃないか!?」と、むくむくと妄想が膨らんできました(笑)

shoko様、楽しいお話をありがとうございましたーvv

リンリン様へ

  1. 2011/11/29(火) 18:50:19 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
リンリン様、お久し振りです!こんばんはー。

飼い犬ネタにコメントを頂けて嬉しいですv そして、順番について、意見が合ったことにホッとしました(笑)

アルチョンはドラマでも番犬として申し分なかったので(え)、見事一位になりました!

ウォルヤのイメージ、私もリンリン様と同じです。優等生で苦労人で気品があるので、貧乏にも健気に耐えますが、デリカシーの欠けた行為には「ガーン…(|||;゜ω゜)」と青ざめ、それでもご主人様を慮ってご飯を完食した後、夜中に一人で涙を堪えていそうだなあと…(←妄想爆発中ですw)
私も無意識に食事に気を使ってしまいそうですv 心が砕けたら、ひっそりと家出をしてしまいそうですし(笑)

チュンチュは大変そうですねー!近所の美人メス犬を自分に惚れさせて、孕ませて、でもご主人様にバレるまでは、しれっとしてそう、と言う…飼い主は苦労しそうですw

ピダムは傍目には犬としては手のかからないイイ犬なのに、精神的な上下関係を築くのが大変そうですw
吠えまくるだけならまだマシで、喧嘩しないかが危ぶまれます。さらに部屋犬になった日には、トンマンが外泊なんてしたら、携帯を破壊したり家を散らかしまくったり反乱をしそうな気が(笑)
トンマンの躾の腕が問われますねw

こちらこそ、楽しいコメントをありがとうございましたー!


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。