善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

11月30日から12月3日に頂いたコメントへの返信

11月もたくさんの拍手をありがとうございましたvv 特に、「これぞミセンの最終極意」の続編と、比才話・隠居連載の続きが書けて、その上チュンチュのSSまで書けて、SSの本数自体は少なかったのですが、個人的にはなかなか充実した一ヶ月だったなーと勝手に満足しています(笑)

ではでは、続きから頂いた拍手コメントへのお返事です。今回、拍手コメントへのお返事が遅れてしまい、すみませんでした…!!そして、お返事が、めっちゃ長いです。申し訳ありませぬー(汗)


* *


●ちよ様へ●
ちよ様、お久し振りです!こんばんはーv
ナムギルさんの演技に対する指摘ですが、ナムギルさんが未成年であったり、自分から周囲に教えを請うタイプであればまだしも、そうではないのなら、なかなか指摘はしづらいのではないかと思います。また、時間に余裕があればいいんですが、韓国ではドラマの撮影スケジュールは日本とは比較にならないほどハードで(週2放送です)、しかも善徳女王はほとんどリアルタイム撮影、来週分の予告映像を用意出来ずに今週のおさらいをするしかないぐらいにキツキツのスケジュールで撮影していました。そんな時に、人様の演技に(それも演技プランを持っているタイプの役者さんの演技に)あれこれ指摘出来る共演者、もしくはスタッフがいるか…と言われると、疑問だなーと(汗) 技術的なことならまだしも、役作りですから、尚更指摘しづらいと思います。
ちよ様は主旋律のわかりやすいパートと仰いましたが、時間をかけてドラマを見られる視聴者でも、ナムギルさんの演技に違和感を持つ方は大多数とは言い難いです。私はたまたま脚本に注目するタイプなので気が付きましたが、脚本家さんだって、一週間で二回分の脚本を書かなければならない以上、いちいち演技をチェックしていられる時間はないんじゃないかなと。
ナムギルさんファンへオススメするかどうかはちよ様の自由ですが、お、お気をつけて…!ファンの方の前で、その方が好きな役者さんを批判すると言うのは、慎重になさった方がいい気がします(汗)
日本版の音楽差し替えは、ポ●ーキャ●オンの意思ですから、なんとも…!チュンチュのシーンは、善徳女王を製作したテレビ局であるMBCの特番ですから、ポ●ーキャ●オンはそこまで買わなかったのではないでしょうか。あと、チュンチュのシーンは韓国の本放送になかったので、日本版でいきなり追加するのは無理ではないかと。また、日本版を製作したスタッフが、チュンチュのシーンの重要性がわかって特番まで権利を買うようなら、そもそも音楽差し替えはもっとデリカシーのあるものになっていたと思います^^;
脚本と演技を分けて考えるのは、慣れれば簡単ですので、気が向いたら引き続きチャレンジしてみてくださいv
次回予告は、韓国版にそもそもあったものですから、わざわざ渡しているわけではないと思います。韓国の本放送でも、本編とエンディングの後に、毎回予告がついていました。んで、その予告は、カットシーンだったり、あるいは本放送とは関係ないサービスシーンだったりしますので、なんとも言い難いです。37話の予告がちょっと手元にないので、見れたら見てみますー。
論文については、論文と言うもの自体が一年単位で書くような大きなものですから、私はそんなに時間も手間もかけるつもりはありませんし、ひとまずお断りします(汗) と言いますか、正直に言って、「論文を書いてください」なんて、あんまり軽々しく人に言わない方が良いんじゃないかなーと…(汗) 何か説明して欲しいことがある場合は、質問して頂ければ、お答え出来る質問には精一杯お答えしますし……それでは何がいけないのでしょうか?
それと、ナムギルさんの演技が脚本と剥離していると感じる根拠……つまり、「脚本のピダムはバカではない」と言うことの論拠は、キャラ語りなどですでに何度か触れていますから、どうしてもご覧になりたければそちらをご覧になるか、あるいは具体的にちよ様がピダムをおバカだと感じるポイントを私に提示してくだされば、反論致しますので、どちらかでお願いしたいです。
そして、誤解して頂きたくないのですが(汗)、私は、別に私個人に対する「手紙」であるコメントで、ナムギルさん可愛さにトンマンや脚本を批判するのでなければ、何も申し上げるつもりはありません。問題は、私宛てのコメントで、私に向かって、わざわざご自分の考えを主張して、私に同意を求められることです。私に向かってそのように語りかけられた以上、同意出来なければ反論するのは当たり前でしょう?(汗)
話変わって、不眠状態が治って良かったですv お身体ご自愛くださいませ。
脚本集と、「私の期限は~」、楽しんでくださいvv 「私の期限は~」は、私は見ていませんが、評判がとてもいいので、きっとお楽しみ頂けるのではないかなーと勝手に想像しています(笑)

●・・・様へ●
・・・様、お返事が遅れて申し訳ありません(汗) そして、ありがとうございます…!その一言で、心が軽くなりました。

●あき様へ●
あき様、こんばんはーvお返事が遅れてすみません(汗)
そしてそして、比才話、大変お待たせしました…!
この流れはかなり前から書き終えていたのですが、ずっと「これでいいのか?と言うか、何故雨?初期設定と違うぞ!?」と散々悩んでいたら、えらい更新が遅れてしまいました(汗) この何ヶ月か、トンマンの舞……舞うトンマン…と考えまくってあれこれ妄想していた私は、やっぱりかなり二次創作に毒されていますねww
善徳考察については、ひとまず一区切りついたかなーと、思っています。
そして、諸々のご配慮に、感謝しております…!(詳しくお返事出来ず、すみません(汗))あき様だけでなく、色んな方からあき様と同じようなコメントを頂きまして、おかげで私は気持ちが軽くなりました。なので、今度はあき様のお力になれればなーとv
議論は、楽しいばかりではないとわかっているので、大丈夫です(笑) やっぱり、色々新しい発見があったり、自分の意見を見直せたりするのは面白いですし。
あき様、優しいお言葉をありがとうございますー!あき様も、寒くなってきましたし、元気に年末年始を過ごせるよう、どうかお体ご自愛くださいませvvあき様のSSも楽しみにお待ちしております!

●ウリ様へ●
ウリ様、こんばんは!お返事が遅れてすみません(汗)
やり方…と言いますか、間違えてると感じたことはないので、ご安心くださいv何かありましたら、ちゃんとお話ししますので。
そして、物足りないと言うことはないですよー!ガイドブック下巻もそれなりに役立ちますが、あんまりディープな話題はありませんでしたし(汗) インタビューの人選が面白かったので、増刷があれば何よりなんですがががが。
英語字幕は、日本語字幕なんかと照らし合わせないと、完全には理解出来ないですw やっぱり、kntv版が一番役立ちましたね…!たまに日本語のミスはありましたが、韓国語特有の熟語をそのまま使ってくれていたので、二次創作を書いている身として有り難いですv
私は、もしミシルが王になったら、暴君になるのではないかと考えています(笑) ミシルはとても賢い反面、行動原理が情なので、公私の「私」を打ち消すのはトンマンより難しそうだなーと…。
チュクパンとサンタクは、61回の二人のシーンも含め、私も大好きです。あの二人がいるところがまた、本当にこのドラマのいいところだなーと思いますv

●するめの唄様へ●
するめの唄様、こんばんは!
比才話、お待たせしました…!そしてお楽しみ頂けて良かったですーvv
ミセンはあれですね、つい常に忘れない女好きさを出したくなりますw 一度見た女の顔を忘れないミセンのシーンは、今回めっちゃ意識しました。
テナムボのトンマンに対するイメージは、「テナムボって、実はチョンミョンを殺した時以来、トンマンを見てないんだよなー」と言うところから始まりまして。ドラマを見直したら、意外とテナムボとトンマンは接していたのも新発見でしたv
方向オンチなユシンは善徳女王で笑ったシーンベスト5に入っています(え)
ホジェの話も面白いと言って頂けて、ホッとしましたー!
続きも、トン&ピだけでなく、色んな人達に触れて、花郎世紀から仕入れたあれこれを活かして男達をいじれるよう(←え)、頑張りますvv

●hayat様へ●
hayat様、こんばんは!
ありがとうございます、私もこのシリーズを書くのが凄く楽しいですーv 花郎世紀ネタを活かせるのがまた嬉しくて(笑)
hayat様も、お体ご自愛くださいませ…!続きも頑張りますv

●水中花様へ●
水中花様、こんばんはーv比才話、長らくお待たせしていてすみません…!こちらこそ、楽しんで頂けて嬉しいです~vv新たに仕入れた知識も活かしつつ(笑)、公主時代ならではの結末を目指して頑張ります!
『逸興』と『女官シリーズ』は、私も大好きですw トン&ピを他方向から楽しむと言う野望(←!?)が叶った作品ですし、またこの二つみたいな作品を書きたいです。善徳女王には、ケベクや女官以外にも、興味深いキャラクターがたくさんいますしv
応援ありがとうございます、頑張ります!

●mukuge様へ●
mukuge様、こんばんはーv念願だなんて、光栄です…!
比才話は、書いていて、他の話より花郎世紀をフルに活躍させられるのが楽しいですw
舞うトンマンは、素晴らしい表現を目指したのですが、無理だったので(ちょ)、とにかく華やかに、艶やかに…と意識して書きました。なので、足りないところはmukuge様に想像して頂けると助かります(笑) そして、ぜひピダムと競ってやってくださいv
トンマンの貞操は、相手がテナムボなのでまぁテナムボらしく…になりそうです(笑) ピダムがトンマンの救世主になれるか、続きをさっさと書けるよう頑張ります~v
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011.12.05(月) _00:11:25
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<彼女が涙を見せるとき。@トンマン | BLOG TOP | 『第一美花郎比才』第拾肆話 繚乱・中>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。