善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

【アンケート結果】問5:一押しコンビ!

更新が遅れて遅れてすみません!……な、アンケート結果第五問です。
長い記事ですが、お楽しみ頂けますようにーv


* *


問5 一押しのコンビ(もしくはカップルやグループ)は? 良かったら理由もどうぞ!


【1位】<21票> トンマンとピダム
(トン&ピ、トンピ、トンマン×ピダム、トンマン&ピダム、トンマナ&ピダマ)


>やっぱり、トンマンとピダム
>やっぱ、トン&ピ です。
>これしかないでしょう(=^ェ^=)
>私にとってはこの二人ありきの「善徳女王」なので、これ以外は考えられないです。

→一応この二人ありきで二次創作をしているので、もしこの二人じゃなかったらどうする…!?と変な心配をしていました(ノ∀`) 無事一位になって、ものすっっっごくホッとしました(爆) 他のコンビも気になりますし、票が入って欲しいんですが……ジレンマですね!←え

>>もちろん、トン×ピです。ピダムの幸せはトンマンにしかないですから!
→確かに!(笑) でもきっと、トンマンの幸せも、ピダムにあると思いますよーv

>>こんなに切なくて純粋で泣けるカップル見たことないっ!
→私も泣きまくりました…!悔しいのは、DVDバージョンが音楽差し替えまくりで、せっかくの感動をごりごり削ってることです…(っД;)

>>この二人しか思い浮かばない!大好きカップル♪二人の並びは最高です。今までのどのカップルよりバランス的に一番お似合い
→役者さん同士の並びの良さは本っ当に素晴らしいですよね!(・∀・)二人とも八頭身で相手役泣かせのスタイルの良さなので、なかなか他の作品ではここまで絵にならないと言うか…。色んな衣装でのツーショットを見せてくれた脚本・演出に感謝です!

>お互いの気持ちを伝えあう言葉は足りないところがあるけれど、お互いを必要とする羨ましい理想のカップルだから。
>やはり大好きなトンマンとピダムですね~。トンマンとピダム。おのおの一人ずつが相当ユニークで、カップルとしてもユニークで、型破りで常識外れなまたとない二人だからwそしてどうしてもこの相手でないとダメ、という必然性をどうしようもなく互いに持っているカップルだから。

→トンマンとピダムを一人ずつ見ると、「誰がこの人と愛し合って伴侶になれるんだろう…?」と首を傾げたくなるぐらい(笑)、二人ともキャラが特殊ですよね(ノ∀`) でも二人で見ると、あら不思議、細かいところまで至れり尽くせり!……な感じが、この二人のこの二人たる所以だなぁとしみじみ思います。実際にはこんな二人はいないかもしれないと言うかいたら絶対関わりたくないタイプですが(酷w)、ここまで心に沁みる二人を観ることが出来て、宝物がまた一つ増えました。ありがたいです!(*´∀`*)

>気が付けばトン&ピが一般的な言い方となってなじんでしまいましたね。動画を観たりしますと、トンマンのアルファベットの頭文字が「D」ピダムは「B」なんですよね。英語圏なんかではどんな略称なのかしらなんて思っちゃいます、D&Bてな感じでディービーとかなんとかっていわれてるんでしょうかねー。理由と関係ないことですみません。
→そう言えばそうでした…!確か、前は「トンマンとピダムってなんて呼べばいいんだー(省略したい!)」とか言ってた気がします。あれから調べてみた結果、韓国では「ピドク([田比]徳のハングル版)」、英語圏?では「bideok」となっているとわかったんですが、なんとなく私の中ではトンマンに先に来て欲しいなーと言うわけで、トン&ピと呼んでいます。「&」も、ただ恋人なんじゃなく、戦友であり唯一無二の主従でもあるところを表現したいなーと入れてみましたv


【2位】<3票> ミシルチーム(ミシル&ミセン、ミシル&セジョン&ソルォン)

>ハジョン・ミセン・ポジョンたちに呆れるミシル
>ミシルとセジョンとソルウォンの素敵な三角関係
>ミシルチーム。バランスが絶妙。以心伝心・実務家の愛人と、善良安心で毛並みの良い夫、お馬鹿で軽いハジョン、女性と芸術を愛する器用な知識人、その実かなり姉ラブなミセン。真ん中のミシルがそれぞれの言動に向ける、まなざし、眉や口元のぴくぴくなど、うーん、楽しめる。

→ミシルチームはまず、役者陣が濃いぃですよね…!上天官ソリやだんまりチルスクも含めて、「キャスト豪華だな!」感がハンパないです。そして、キャラも役者も濃いチームのど真ん中に、璽主がいらっしゃると言う…!ミシルチームには、様式美すら感じますし、そこら辺が荒削りなトンマンチームと凄く好対照で、見所の一つだと思います。ぜひぜひ、一番ミシル宮の女官になって、璽主の一日を追跡してみたいです(爆)


【2位】<3票> ユシンとヨンモ

>ユシンとヨンモが好きです。正確には、ヨンモがかわいそうで、「がんばれ!」と応援してるだけです。婚儀の際の放心状態は、仕方がないにしても、懐妊したのに喜ぶどころか「どうしよう」みたいな顔をあからさまにしてたのが許せなくて・・・。仮にも自分の子供でしょ!!と思います。ヨンモには幸せになってほしいです。
>二人はなんだかんだで仲良し夫婦なんだと思います。
>翡翠さんの小説でユシンとヨンモが好きになりました。ヨンモが一途で可愛い。

→ドラマのユシンは、ヨンモと一緒にいる時に死んだような顔をしていたので(ガイドブックのインタビューによると、婚儀シーンを撮影している時はまだ脚本が来てなかったので子供が出来ることを知らなくて、その後に子供が出来るくだりを見て、オム・テウンさんはビックリしたそうです(ノ∀`))、「ヨンモ可哀想…」と思ってしまいますが、ヨンモはミシルの乱の時には泣きながら命乞いをしてくれるぐらい素敵な嫁ですし、ユシンも嫁に肩身の狭い思いはさせてないみたいなので、いい夫婦なんだろーなーと勝手に決めてしまっていますw 『花郎世紀』によると、ヨンモが産むのは一男四女。娘四人に囲まれたユシンがどうなるのか、考えると笑え…もとい、楽しみですね!


【2位】<3票> ミセンとハジョン(ミセンと誰か)

>なーんだか いつも楽しそう 笑いが絶えない感じ?がいいです
>ドラマを見ていると、ミセンは意外に血縁の情を大事にしている人のように思えます(姉さんのことはひたすら怖かったみたいだけど…) どうしようもない甥のハジョンにも愛情を感じているわけで、そのことをハジョンも分かっているらしく、甘えてるな…お前!ってなシーンが時々垣間見られるのが好きです。

→私も、ミセンは血縁の情を大切にする…と言うか、「家族」と呼べる人は皆大切にしている気がします。姉や息子とかだけじゃなく、ソルォンとかピダムとか、内輪の人間に対して、満遍なく愛情を持っていると言うか…。この辺は、『花郎世紀』にある「護兒令(職場に子供達を連れていってあちこちに紹介したり、子供が何か失敗しても怒らないでカバーしまくったり、とにかく百人いる子供に愛情を注ぎまくったらしいです)」などの記述を元にしてキャラクターを創ったのかなぁと思いますねー!

・オマケ回答
>ミセンさんが誰かとお話してるのって、結構好きなんです。
レッツ☆ミセンのメイク講座では「あぁっ!もう、その色が合ってると思ってるの!?」ちょっとオネェ入ってるミセンさん好きです。(←色眼鏡で見過ぎですw)
「酒と博打と女、どれもミセン公の得意分野ですね」とチュンチュに言われて「うぇ~っ、へっへっへっv」ニヤニヤしてるおじさんミセンもヨシです!
でもって悪巧みするミセンさんが一番輝いてる気がします。ミシル姐さん然り、メセンさんのときもです。「いやいや、それほどでも~」と羽扇バッサバサさせるのが好きですv
そして最後に、「私は叔父上が非常に羨ましい」とハジョン(遠慮無く呼び捨て)に言われて、疲れてるんだけれど清々しくフッと笑う顔が大好きですーっv
って、すみません!コンビじゃないですね(_ _;)

→ぬおおお全面的に賛同しますー!!!ミセンはめちゃめちゃ色んな面があって、堪りませんよね!(*´Д`) さすが善徳女王の影の主役…!(影の相手役は勿論ハジョンでw) 考えてみれば、オネェで(←え)色男で腹黒おやじで弟キャラで懐深いって脇役にしてはキャラ濃すぎますよねw


【5位】<2票>

ソファ&チルスク
>何処かで二人の話を読んで有り得そうだったので
>砂漠を越えながら大人な機微や哀愁や複雑な心情があったよね きっと

→ソファ&チルスクは、出会いや馴れ初めや別れと言ったポイントポイントが全て描かれているので、その間の関係をついつい考えてしまいますよねーv いざ考えると、切ないばかりなんですが…やっぱり考えてしまいます(っω;)

チュクパン&サンタク
>最後に二人でトンマンの手紙をピダムに届けるシーンでは、トンマンとピダムの幸せを一番に思っているのは、この二人だと思いました。
→二人とも、チュクパンはトンマン、サンタクはピダムと自分の主に忠実で、にも関わらずそれがトンマンとピダムの幸せに繋がるところが素敵だといつも思います。チュクパンとサンタクを見ていると、主の二人の気持ちが伝わってくると言う…。


【7位以下】<1票>

ミセン&トンマン
>これは是非一度見てみたいという願望です(笑)
→郎徒時代に1シーンだけこの二人が密室で一緒にいるシーンがありましたが、あのシーンは個人的に大好きなシーンでした(笑)

トンマン、チュクパン、コド
>この三人のからみが好き。
→わかります!前半戦の楽しみの一つでしたvv

トンマンとユシンとピダム

トンマン&ジウン庵主

トンマンとユシン
>あの時駆け落ちできていたら、すったもんだしながらも良い夫婦になっていただろうなと思います。ユシンのトンマンへの想いは本物だったから。幸せになって欲しかった。ドラマになんないですけど。公主になった後は男女の関係としてはNGです。
→お互いにお互いのことを労わりながらも、とてもそうとは思えないくらい喧嘩しまくってそうですよねw 実際に想像すると、ユシンの生活能力のなさが気になりますが(笑)、ユシンは年下ですし、トンマンの尻に敷かれて元気にやっていきそうですv 公主になった後は、私もNGですね!

トンマンとチュンチュ
>トンマンとチュンチュ(可愛い)
→同意です(笑)

トンマンとアルチョン
>トンマンとアルチョン。ユシンとピダムはトンマンを悩ませてばかりだから。ひたすらトンマンを大切に守ってくれるアルチョン大好きデス。この二人が結婚すれば良かったのにと思います。(当事者の気持ち全く無視の私の勝手な想いです)
→恋愛対象ではなく、「女王の夫」として考えると、アルチョンはいいですよね!どこまでも我が道を行く人ですし、女王を一人の女性として独占したいとか絶対思わなそうですし、そう言う意味では最適かと思います。ドラマでは夫にはなっていませんが(笑)、女王時代に一番素直にトンマンの役に立っていた重臣はアルチョンじゃないかと…。←え

ユシンとアルチョン
>女王時代になってから「侍衛府令が不満を抱いてるって女王様に言う」と冗談を言っているのをみて、「あのユシンが冗談を言えるようになったんだ!」と驚きました。きっと親友のアルチョンだけなんだろうな。ユシンの冗談が聞けるの。
→ユシンは、郎徒時代もお酒を飲みながらトンマンに絡んだりしてましたし、根はきっと冗談を言ったり結構軽いところがあるんじゃないかと思っています(笑) 一度、酔っ払ったユシンとアルチョンのSSも書いてみたいですね~!ユシンが数杯飲んだだけで寝てしまうぐらいお酒に弱そうなところが心配ですが…w

アルチョンとピダム
>当然、トンマンとピダムですが、アルチョンとピダムも好きです。アルチョンとピダムは、お互い、ああはなりたくないと思ったりするんでしょうが、どこかで認める部分もあるだろうし、トンマン護らせたら、どちらも最強な男たちですし・・・。
→この二人は、確かにお互いに認め合っている部分がありそうです。勿論ユシンとピダムの間でもそうだとは思いますが、アルチョンとピダムの方が、案外本能に忠実なところが似ていますし、そう言うところでわかりあえたんじゃないかなーと…。アルチョンの場合は、トンマンを護ろうと言う心意気は凄まじくても、現実的にはあんまり護れてない気もしますww

ハジョンとトン&ピ
>トン&ピ・・・とミシルチームのつっこみハジョンです。
→つっこみ!(爆) そう言えば、ハジョンはつっこみ役もしてましたねー!!

チュクパン&ソニョル(カレー粉を零した遊花)
>チュクパン&ソニョル(カリーをこぼした遊花)のその後が最近なにげに気になっております。
→そう言えば、どうなったんでしょうあの二人…!あの後、密かにチュクパンの妻になってたら笑えますねw

コクサフン&テプン
>誰もとりあげないだろうから(笑)。ペット化するなら、このふたりはトンマンにじゃれつく二匹の仔犬。いつも「トンマン、おなかすいた」とか「トンマン、遊んでっ」とか言いそう。そして、トンマンが襲われている時、よせばいいのに「トンマンに何するんだっ」と助けに入って、チルスクに蹴っ飛ばされて二匹とも全治三ヶ月の重症・・・でしょうか。すみません犬好きで。
→もしかしたら、トンマンじゃなくユシンにじゃれつく二匹になってそうな気が…w 助けに入って蹴っ飛ばされて……のくだりを思わず想像して、二匹に申し訳ないと思いつつ、爆笑してしまいました。←コラ!w でもユシンに飼われたら、傷の手当がいまいち不安なので、間を取って、トンマンとユシンに懐く仔犬二匹で、実際にはチュクパンとコドがお世話をしている…と言う風にしたい気がします(笑)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012.08.12(日) _23:38:39
  2. 百万打記念アンケート
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

<<8月14日までに頂いたコメントへの返信 | BLOG TOP | 8月9日までに頂いたコメントへの返信>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2012/08/13(月) 03:30:33 
  2.  
  3.  
  4. [ 編集 ] 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆい様へ

  1. 2012/08/16(木) 12:09:13 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
ゆい様、お返事が遅れてすみません…!こんばんは~vいつもありがとうございます(*´∇`*)

> アンケートの結果を拝見しながら

私も、集計をしながら、改めて善徳女王の良いところを教えて頂いてると言うか、「なるほどー!」と噛みしめています。自分一人では思いつかない楽しみ方を教えて頂けて、凄く有り難いです。そして、ニヤけますね、やっぱり!(笑)

> アンケートにも参加できず、今になって悔やんでおります。

おおう、そんな事件があったんですか…!もう少し長くアンケート期間を設ければよかったです(ノд`;)(もし宜しければ、こっそりお答えを教えてくださいv)

> トンマンとミシル様のコンビ(?)

そう言えば、そうでした、入ってませんでした…!オマケに、私も思いつきませんでした(←えっ)
な、何故…。あれでしょうか、コンビと言うよりライバルなんでしょうか?(「ライバルと言えば?」と言う質問も作れば良かったですorz) そう言えば、ソファとトンマン、ムンノとピダム、ユシンとウォルヤとかにも票が入っていませんでしたねー。質問が答えを限定させてしまったのかもしれませぬ…(汗)

トンマンとミシルは、確かに一番ツーショットにインパクトがある二人でした。最初は象ミシルとハムスタートンマンみたいな感じだったのが、段々変わっていって……50話まで見た時には、「こんなに濃い女同士のドラマはない」と感動しました…!対話は、本当に勉強になりますw

> もし、ミシル様が自害などせずトンマンの提案を受け入れていたら・・・

ドラマ設定だと、受け入れてしまったら、それはちょっとミシルじゃない気がするので書けないのですが(ワガママを言ってすみません(汗) ドラマのミシルは生涯現役タイプと言うか、「まだ能力があるのに隠居するぐらいなら死ぬ」タイプと言うイメージが…)、他の設定で嫁姑を書いたことがあります。観てみたいですよね~v
トンマンとピダムの子供は、案外ミシルおばあちゃん(!)の膝によじ登って、そこで話を聞いてそうな気もします。忙しい両親とはあまり一緒にいられない為に、しょっちゅうミシル宮に遊びに行っては「おばあちゃん、○○って何?」とか、無邪気に質問したり意見を言ったりして、ミシルも満更じゃないので、いつの間にやらおばあちゃんそっくりな究極のおばあちゃんっ子が誕生する、と言う…(笑)


最後に、応援ありがとうございます!(*´∇`*)
今日も残暑厳しい一日になりそうですし、夏バテが怖い時期ですので、ゆい様もどうかお身体ご自愛くださいませv 素敵な夏の思い出がたくさん出来ますように(*´人`)


追伸:ありがとうございます…!なんとかなっているのは、こうして優しく声をかけて頂いているからです。本当に、こんなに有り難いことはないと思います…(っд;)


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。