善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

7月23日から27日に頂いたコメントへの返信

ポカリがめちゃめちゃ美味しい今日この頃。明日はオリンピックの開会式ですね!(*´∇`*)
個人的には、ソフトボールがなくなっちゃって、何を見ればよいのやら…と言う感じですが、きっと色んな種目を見ることになりそうな気がします(笑)

続きは、遅れに遅れている拍手コメントへのお返事です。今週も、拍手をくださった方々、ありがとうございました!


* *


●イェソン様へ●
イェソン様、お返事が遅れてすみません!(汗) こんばんは~v
『邀撃』、楽しんで頂けて嬉しいです。私も、ドラマの展開は「?」な部分がかなりありました(笑) 事故なので致し方ありませんし、相手役を守っての名誉の負傷なので、それはそれで素敵なのですが、私も本来の脚本で見たいです~!当たり前ですが、私が書くより、絶っ対素敵ですから!(笑)
『迷宮』はですね、実はもう三話ぶんは書き溜めているんですよ。でも、三話とも時系列がバラバラで、なかなか更新に繋げることが出来ずにいます…。でも、頑張ります。あ、お気遣いくださり、ありがとうございますvv 大丈夫です、こうやって仰って頂いた方が、スイッチが入ることもあるので(笑)


●hakumi様へ●
hakumi様、こんばんはv
隠居連載にたくさんの拍手をくださり、ありがとうございます!もう二年以上前に書いたものなので、内容も細かいところは忘れがちと言うか、なんだか懐かしいです(笑)
と、と言うか、何十回ですか…!?おおう…誤字脱字などの粗が隠しきれませんね(汗)←コラ
「ちっちゃなチュンチュ」は、そうですね、ピダムから見たチュンチュのイメージです。60話の二人のやり取りを見ていて、思いついたフレーズだった気がします(笑)
トンマンとピダムの夫婦生活は、基本的に階段を一段一段登るようなイメージがありますねー。二人で我慢したり喧嘩したり、書いていても毎回楽しいです。最初の頃だからこその、お互いに夢を見ているところも(笑)
チュンチュのユシンへの台詞は、こうして見ると、ドラマの通りにトンマンが死んでしまった場合でも使えますね(え) スンマンとのコンビは、隠居連載ならではですが、気に入って頂けて何よりです(*´∇`*)
アルチョンなら、暑い日でも立派に番犬してくれそうですねw


●TOM様へ●
TOM様、こんばんはーv
最初は恋愛色満載のタイトルでしたが、書いているうちに、飼い主トンマンと犬ピダムの話になってしまいました(笑)(ノ∀`)
「ちゃんと犬なところがかわいい(≧∇≦)」と仰って頂けて、凄くホッとしています。ありがとうございます!なんと言うか、少なくともピダムが人間のトンマンにときめかないと恋愛ものにはならないんですが、無理でした(笑)
私は犬を飼ったことがないので、その想像が出来ないのがつまんないですねー(←えっ) 観葉植物が人間になったら…とか考えてみるべきでしょうか。←もっとイタいw
最後に、オカマちゃんですか…!?犬の世界にも、オネェっているんですか…!勉強になります。


●27日の1時にコメントをくださった方へ●
こんばんは。
イタくてきもい……確かに、このピダムは人間じゃありませんし、片思いとも言えるかどうか(;´∀`)
ちなみに、私の書くものは、大半は片思いじゃないですよ(笑) それに、正直、私は惚れた女の為に反乱を起こしたピダムほど凄まじい恋慕をしたキャラクターを知りませんし、そんな男を命懸けで愛したトンマンのようなキャラクターも知りません。なので、片思い推奨派ではありません。
ただ、確かに解釈や妄想は人それぞれですから、私ごときの書くものにご不満があるのは当然ですが、片思いだらけと仰ると言うことは、いくつ読んでもお気に召さないんですよね? もしそうなら、他のブログさんにいらっしゃってはいかがでしょう。このブログと違って、ピダムが愛されまくっているお話が、たくさんありますよー。たぶん、私は二次創作をしている方々の中では、一番ピダムをモテない男に描いていますから(笑)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012.07.27(金) _22:03:38
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

<<7月27日から30日に頂いたコメントへの返信 | BLOG TOP | SS 運命のあなた>>

comment

スマホにしてお初のコメです

  1. 2012/07/28(土) 02:35:38 
  2. URL 
  3. ゆきんこ 
  4. [ 編集 ] 
いつも楽しみにして拝見しています。
緋翠様のご意見をお聞きしたく、コメしました(なんちゅう大げさな )

またまたTS●TA●A に貢献すべく、善徳女王最終話をレンタルしましたw

ほぼラストのところで、トンマンが全てを手に入れたようで、実は何も手にしていない…と涙を流しながらつぶやくのですが、トンマンが手に入れたかった、欲しいモノって、何だったんでしょうか?

これって、個人個人で捉え方が色々あると思うんですが、緋翠様はどう思われるますか?

お暇な時又お返事下さい。

因みに、緋翠様のPC壁紙をワンコピダムバージョンにした途端に、仕事がビックリする位順調に。
緋翠様に感謝でございますw
上司はもちろんの事、仕事仲間…チームのみんなからも、「キョーレツ~!」と、絶賛の嵐ですっ!

ゆきんこ様へ

  1. 2012/07/30(月) 22:16:50 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
ゆきんこ様、こんばんはーv
おお、スマホですか…!私はどうもケチなのか、壊れるまで携帯を使わないと気が済まないタイプらしく、まだスマホになってません(笑)(ノ∀`)

TS●TA●Aに貢献…す、涼みに行くばかりで…。←コラw
そして、わざわざお訊ねくださり、ありがとうございますー!暑い中、さらに鬱陶しい文章が以下続きますので、ご注意ください(爆)

> ほぼラストのところで、トンマンが全てを手に入れたようで、実は何も手にしていない…と涙を流しながらつぶやくのですが、トンマンが手に入れたかった、欲しいモノって、何だったんでしょうか?

うーん…。まず、「全て手に入れたようで」と言うのは、端から見た、あるいはトンマンがかつて想像した『国王』の姿だと思うんです。一国を我が物とし、その国で一番豊かな暮らしをしている、と言う。
でも実際には、衣食住から臣下、夫や家族までもが、「こうしたい」と言う思い通りにはなりませんでした。勿論、トンマン自身の失策もありましたが、それはともかくとして、結局、国土も民も夫も甥も、「トンマン」のものじゃなく、「神国(王)」のもの……と言うことが、あの台詞には込められているように感じました。
例えば、ピダムだったらトンマンへの愛の為に死ぬことが出来ましたし、ユシンには家族がいますが、トンマンにはトンマン個人を何より案じてくれる家族はいませんし、愛の為に玉座を擲つことも出来ません。富もあり、名誉も権力もあるけれど、それはあくまで「王」と言う職業のものですし…。
そんな風に考えた時、トンマンが何を欲しがったかと言うより、とにかく「不自由」さから一日でもいいから解放されて、「トンマン」と呼ばれる暮らしをしたいと望んで、でもそれも叶わなかった…「王」と言う不自由さから抜け出せなかった、その哀しみをそう言う風に表現したんじゃないかな…と思いました。
「王」と言う頂きは、下から仰ぎ見るぶんには良いところしか見えないけれど、実は一緒に頂きに立てる人はいないし、下りる道もない。頂きで踏ん張り続けた後に待っているのは、どんな形であれ、「死」だけ…そう思って、最期にピダムから差し伸べられた手を掴もうとしたら、それすら許されなかった。そう言う壮絶さや哀しみを、私はあの台詞からは感じました。

……グダグダ書いたわりに、意味不明ですね(ノ∀`)

> 因みに、緋翠様のPC壁紙をワンコピダムバージョンにした途端に、仕事がビックリする位順調に。

まままマジですかー!?(;゜Д゜) あわわ、め、めちゃくちゃ恥ずかしいです…!(汗)
でも、お仕事のお役に立って、密かに鼻高々です(爆)


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。