善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

8月9日までに頂いたコメントへの返信

コメントにお返事していて、ふと思いつきました。

『ピダオとトンマット』
トンマット「ピダオ、あなたはどうしてピダオなの?(←手が震えている)」
ピダオ「(さっとその手を握って)恋人と呼んで。名前は捨てる」
チュボルト「ピダオ、お前を生かしておくわけにはいかないのだ」
アルキューシオ「ピダオ、また勝手を働いたな!!」
ユシヴォーリオ「一! 二!(←ピダオの行動に悶々として岩叩き中)」
ヨンチュス伯爵「トンマットと国婚……!? あ、いや、わ、私が……!?……いや、当然か!」
神父「ピダオ! また勝手を働いたな」
乳母「トンマット様、まさか、ピダオを愛しておられるのですか……?」

トン&ピでロミジュリもイケるんじゃないかと妄想してみましたw
……と、それはさておき、更新が滞っていてすみません(汗) 先月後半から珍しく多忙になり、今はオリンピックをまぁまぁ満喫していたら、最近三年寝太郎みたいになっちゃいまして…(…) 『うた恋い。』と言う漫画が素晴らしいこととか(アニメはビミョーです…)、リレー連載遅くてすみませんとか、色々と書きたいこともあるのですが、引き続き更新が遅れそうです。申し訳ありません(ノд`;)

続きは頂いたコメントへの返信です。今回も、たくさんの拍手をありがとうございました~!


* *


●hakumi様へ●
hakumi様、お返事が遅れてすみません(汗) お気遣い&たくさんのコメントをありがとうございますvお言葉に甘えて、今回は頂いたご質問にのみお返事させて頂きます…!

・下衣
これは、「したぎ」と読みまして、最初に着る白い着物のつもりで書いています。あとは「内衣」とかも下着のつもりで使ったりしますね。バラバラですみませぬ(汗) 詳しくは、辞書をお願いしますv

・「お前を抱きしめたあの時から、私はお前を愛している。……私は、愛していない男を抱きしめるほど寛容じゃない」の真意。
お察しの通り、ミシルが死んだ時ですー。でも、別にトンマンはピダムを弄んでませんよw
思い出して頂きたいのですが、あの時、トンマンは、大耶城とミシル勢力の掌握などの『軍の指揮官としての任務』がまだ完全には完了していない時に、それらをチュンチュと部下に任せてまで馬でピダムを追い掛けてるんです。その上で、公主として命令しても聞かないピダムを徒歩で追い掛け、トンマンとしてピダムと話をしています。抱きしめると言う行為自体も、トンマンがユシンですら自分からは抱きしめていなかったことを思うと、母性だけではなく、母性も含む愛情があったからあそこまで追い掛けて、抱きしめたんじゃないかと思うんですよ。
あと、「愛してるもんの弱み」を言うなら、ピダムを愛しているが故に、政治生命を擲ってまで彼を助けようと庇った結果、反乱を起こされたトンマンが、一番「弄ばれた」感があるように思いますねー(笑) あ、ピダムが弄ばれて可哀想とは思わないです。破格の出世もさせてもらってますしw

最後に、婚儀・太白登山・乳母シンガンは、これからSSで触れる予定のお話です。なので、著しくネタバレになる上に、まだこれから変わるかもしれませんので、この記事の一番下に書いておきます。
お手数をおかけします…!













・婚儀→トンマンもピダムも、儀式に拘るタイプではなく、また、婚儀を見せたい相手が傍にいない為に、なんとなく伸ばし伸ばしに。すっかり忘れかけていたが、結局ピダムの誕生日に、二人でチュンチュからもらった衣を着て、拝礼をし合い、婚儀終了。
・太白登山→結局トンマンの妊娠前には叶わなかった為、ヒョンジョンがアルチョンの養子となって徐羅伐に出た後に、夫婦で登り、ムンノの墓参りをする。
・乳母シンガン→産婆として登場。赤子の扱い方などを伝授し、トンマンの出産を手助けする。乳付けを始め、難産だった為に一時的に細乳となったトンマンの産褥期に乳母としてヒョンジョンに授乳し、世話をするが、トンマンが回復した後、徐羅伐に帰る。

だいたいこんな感じになる予定です。も、もし期待外れだったら、すみません…!(汗)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012.08.09(木) _20:08:09
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:5
  4. [ edit ]

<<【アンケート結果】問5:一押しコンビ! | BLOG TOP | 7月27日から30日に頂いたコメントへの返信>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2012/08/11(土) 01:06:31 
  2.  
  3.  
  4. [ 編集 ] 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2012/08/11(土) 09:15:31 
  2.  
  3.  
  4. [ 編集 ] 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

するめの唄様へ

  1. 2012/08/12(日) 13:10:43 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
するめの唄様、お久し振りです、こんにちはv

ロミジュリネタ、実は触れてなかったな…と言うわけで触れてみました。チルスクとソファの場合は、周りに知られずに…でしたし、確かにトンマンとピダムの方が条件的には当てはまってますよねー。

……と言いつつ、実はまだロミジュリを観たことがないんですよ(爆) 映画も、音楽だけしか知らなくて(ノ∀`) 来月、初めてロミジュリを観るので、しっかりチェックしてきますv

> キム脚本家はシェークスピアが好きなのかしら?なんて思っています。

善徳女王も、男装の行とかは、十二夜の要素が入ってますよねー。好きと言うか、面白い物語を書くなら、シェイクスピアを上手く使うのがいいのかなぁとも思います。
そして、チュボルト他脇役の台詞も誉めて頂けて嬉しいですv ダーク連載も最近書けていませんが、頑張りますー(・∀・)

> 天海さん

天海さんは、私の中では『破格のスター街道をばく進したカッコイイトップスターさん』と言う感じです。機会があれば、ぜひご覧になってください!たぶんDVDがあるんじゃないかと…。

> ピダムとトンマン、どっちが弄ばれたか?

私の場合は、ピダムが悪い男とは思わないのですが(どっちかと言うと変な人と言うか、変わり者ですね。←え)、さすが「女王になる」と宣言&実行するトンマンの恋人だけあって、やらかすことが大きいなぁと感じます(笑) 善徳女王は、「悪い男」が多すぎて、ピダムだけがそうとは言えない気がしております。←

いけそうですよねw

  1. 2012/08/12(日) 23:07:00 
  2. URL 
  3. りば 
  4. [ 編集 ] 
「ピダオとトンマット」。申し遅れました緋翠さん今晩はw

以前自分でも新羅風に想像したことあります。トンマン郎徒姿でピダムボロ着の仮面無礼講パーティーで・・・!や、着飾った美男美女が一目ぼれ、て普通すぎるな~と思ってしまいまして・・・

宝塚のロミジュリって映画ベース?だったら古いの新しいのどっち?て思ってググったら、おフランス発のミュージカルがベースなんですね。「愛」「死」という役柄があるのでエリザベートっぽいアレンジがあるんでしょうか。

映画はゼフィレッリ監督の古い方も、バズ・ラーマン監督の新しい方もどっちも好きですw古い方は衣装とか画面が古典的で美しいです。ぜひ「オリビア・ハッセー ジュリエット」で画像検索してみて下さいv善徳の演技大賞の時のヨウォンさんの髪型は、ロミジュリの出会いのパーティーの時の赤いドレス姿の髪型(というか当時の髪型というか)を参考にしているのでは、と勝手に思っております。

映画の新しい方も、けっこうトン&ピぽいと思ってます。事が起こると感情丸出しで激しくわめきまくるロミオは、美しい盛りの刑事プリオさんがやってて女性にキャアキャア言われてましたが、周囲は敵だらけ、最後は乳母さえ味方じゃなくなってしまう中、同じくらい激しい感情を自分の内にたぎらせるジュリエット、が好きでしたー。観客には地味言われてましたが。

監督もこの映画では二人で一人、と言う事を表したくて「ロミオとジュリエット」ではなく「ロミオ&ジュリエット」でもなく、「ロミオ+ジュリエット」表記にしてました。そこんとこもトン&ピぽいですしv

あと舞台や服は現代なのに、言葉はシェイクスピアのまんまにこだわったとかで、けっこう面白い試みだったと思われ。

さて緋翠さんのピダオとトンマット面白そうですーwしかしピダオ→トンマットはあるとして(野生のカンで)、トンマット→ピダオの一目ぼれって成立するんだろーか、てのが疑問です。とりあえず会話しないと考慮に入れてくれなさそうで・・・(て真面目につっこんでどうするw)

あと、悪知恵の働きそうな二人ですので(笑)、はたしてかけおち計画失敗するのかな、と・・・いや待てよ、乱の時のようにピダオが暴走のあまり共倒れ・・・てハッ!これは最終回の流れとおんなじ・・・!?

ともかく観劇、楽しんできて下さ~い!w

りばさんへ

  1. 2012/08/14(火) 13:44:44 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
●「ピダオとトンマット」あらすじ●
昔々、シルラ国にはソンピュレット家とチンタギュー家があり、二つの家は長く争っていました。
しかし、ソンピュレット家の当主の一人娘であるトンマットは、物心ついた頃から両家の争いに疑問を持ち、あらゆる書物を読んで和解への道を探していました。そんなトンマットは、16歳のある日、自身の結婚を前に、両家の争いに終止符を打ちたいと願い、懇意の商人カターンのアドバイスを受けて男装し、チンタギュー家に潜入します。チンタギュー家の跡取り息子のピダオに会い、その人と形を探る為です。ところが、いざ目にしたピダオは両家の争いに全く関心を持たず、男装したトンマットがソンピュレット家の側の人間だと知っても頓着しません。かと思えば、自分の食事を台無しにした人間は、敵味方問わず殺してしまう、恐ろしい面もあります。想定外の一面もあったものの、古いしきたりに囚われないピダオの才覚と人柄を見て、トンマットは期待と、一抹の不安を覚えるのでした。
そうこうするうちに、ソンピュレット家で仮面舞踏会が催されました。その話を聞きつけたピダオは、数日前に出会ったソンピュレット家の度胸ある少年から聞いた言葉を思い出し、仮面舞踏会に入り込みました。アルキューシオとユシヴォーリオは、またピダオが何かしでかすのではないかと後を追います。そうして、聞き覚えのある話し声を耳にしてピダオが向かった先には、ヨンチュス伯爵の求婚から逃げてきたトンマットがいました。再会した二人は、驚きと喜びに震えながら踊ります。トンマットは、生まれて初めて彼女の話に真摯に耳を傾け、協力してもいいと言うピダオに胸がいっぱいになり、ピダオもまた、両家に新しい未来を呼ぼうと意気込むトンマットにこれまでにない魅力を感じ、仮面舞踏会が終わった後も高揚が鎮まらず、今度はトンマットの部屋のバルコニーに忍び込み、二人で手に手を取って語り明かすのでした。そんな二人を、アルキューシオとユシヴォーリオ、そしてトンマットの従弟でありソンピュレット家の跡取りであるチュボルトは快く思わず…。


いきなりすみませんw
「ピダオとトンマット」、妄想してみました!りばさん、こんばんは~v

> や、着飾った美男美女が一目ぼれ、て普通すぎるな~と思ってしまいまして・・・

妄想してみたら、私も一目惚れ(?)はしても、着飾ってるかはあんましトンマンには関係なかったですねw トンマンは見た目より話せる相手に惹かれそうですし。やはり話さないと、顔だけでは無理ですよね~。ドラマでも、トンマンは初対面時のウインクに「あ゛!?」って顔してましたしww
あ、仮面無礼講パーティーも考えたんですが、やっぱり舞踏会は着飾ろうぜ☆になりましたw(*´艸`)

> あと、悪知恵の働きそうな二人ですので(笑)、はたしてかけおち計画失敗するのかな、と・・・

それ以前に、この二人が駆け落ちするかどうかが私には読めないっす(爆) 友達が刺されたからってピダムがキレるのかもわかりませんし、うーん…?
でも、なんとなく最終回の流れになる気がしますw

> 宝塚のロミジュリ

そうなんですよ、おフランス発のミュージカルなんです。そのミュージカルに元々「愛」って役があって、宝塚の演出家が潤色する際に「死」と言う役を加えたそうです。演出家はエリザベートの人ですw
観に行くのが9月なので、観たらまた感想書きます~v(*´∇`*)

> 善徳の演技大賞の時のヨウォンさんの髪型

そうでしたそうでした!あれは、私も中世っぽいわーと思いました…!宝塚でもあの時代はたまに扱うので、見かけるんですよ。調べてみたら、確かに古い方のジュリエットにそっくりですね!かわゆいっす(*´Д`)

> 映画の新しい方

こっちは、なんかプール?に刑事プリオ(ってww←一番爆笑しましたw)がいたシーンを見たことがあるような…。それにしても、感情丸出しで激しくわめきまくるって、若いですねw

> 周囲は敵だらけ、最後は乳母さえ味方じゃなくなってしまう中、同じくらい激しい感情を自分の内にたぎらせるジュリエット

どこかのトンマンっぽいです(*´艸`) トンマンにはチュクパンがいましたが、女王と言う最強の「敵」がいましたし…。りばさんの好みなんでしょうか!?(・∀・)

> 「ロミオ+ジュリエット」

いいですね~v タイトルに拘りがあるって、素敵なことだと思います(*´∇`*)

> 舞台や服は現代なのに、言葉はシェイクスピアのまんま

……日本で想像すると、シュールと言うかお笑いな感じが…w なんというか、色々と製作陣が頑張ったんだなぁと思う一方で、やっぱり涙腺がガタガタな人間としては、ロミジュリの映画を見る気はしないのでした…。←ちょww(刑事プリオのタイタニックショックはトラウマですw)


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。